克服

克服を集めたよ!

投稿日:

[広告] 楽天市場

  • 【送料無料】 ビジネス・レジリエンス思考法 リスクマネジメントによる危機克服と成長 / 上田和勇 【本】
  • 克服できる過食症・拒食症 こじれて長期化した過食症・拒食症でも治る道はある [ 福田俊一 ]

今年こそは克服で決める。

息子が入院していた病院には
院内学級がありました学校
院内学級のある病院が
全国にどれくらいあるのかわかりませんが
私たちの住む県ではたったの2カ所タラー
息子の病院は子供専門病院ではないので、
院内学級も小さい教室に机が並べてあって
とってもこじんまりしています笑
(以前、他の病院で大規模な院内学級を見学させてもらった時に、体育館やいくつもの教室、家庭科室などがあってビックリしました!!)
入院している子供たちの人数は
時期によってバラバラなので
少ないと数人、多くても10人を超えるほど。
とは言え、学年もバラバラで
子供たちの病気もそれぞれです。
血液疾患だったり、骨の病気や頭部の病気など。
なので治療ももちろん、症状や注意すべきことが1人1人違うため、学校の先生方は本当に大変な思いをされていたと思います。
毎朝、先生方が病棟に来て看護師さんや担当医に
子供たち1人1人の体調を確認。
検査や治療があればその時間を確認。
院内学級に行ける子供たちは準備を済ませて
他の階にある院内学級へみんなで移動。
低学年、高学年ごとにそれぞれお勉強。
午前中がメインです。たまに英語や音楽も音符
お昼前のお楽しみの時間には、工作をしたり
ドンジャラをしたり、アイロンビーズをやったりと
長期入院している子供たちの気分転換の場を設けてくれていました流れ星
体調がすぐれず院内学級に行けなかったり
個室で治療している子供たちには、
院内学級の先生が病室に来てくれて
ベッドサイドで1時間ほどお勉強することも。
午後にベッドサイドなどの予定がない場合には
追加の授業をやってくれることもありました。
お勉強に気持ちが向かない子供たちには
一緒に工作をしたり、ゲームの話をしたり。
その時その時の体調や精神的な状態も
とてもよく観察してくれていました。
院内学級の先生方は、
長い入院生活で子供たちの心に与える影響を
少しでも減らせるように、気分転換できるように、
そして
病気を克服して退院し地元の学校に復学した後、
子供たちが勉強面でも生活面でも、少しでも
不安を感じることなくスムーズに戻れるように
してあげたい、と日々思ってくれています。
時には、私たち母親の身になって話を聞いてくれたり、病院側と私たちの間に入ってくれたこともありました。
本当にありがたい存在です。
子供たちが長期入院している病院でも院内学級がないところも多く、さらに中学生高校生はここまでの支援が受けられないことも多いと聞きます。
中学生の時に闘病で長期入院したら、病気での欠席なのに欠席日数がひっかかって受験できなかった、という話も聞きましたアセアセ
コロナの影響で、リモートで授業に参加できるところも増えてきてるといいな。
長期入院している子供たち、中学生も高校生も大学生も、病室から参加できて単位も取れて。そんなことが当たり前にできるようになったらいいな、と思います。

克服 たしかな野党が必要です

息子が入院していた病院には
院内学級がありました学校
院内学級のある病院が
全国にどれくらいあるのかわかりませんが
私たちの住む県ではたったの2カ所タラー
息子の病院は子供専門病院ではないので、
院内学級も小さい教室に机が並べてあって
とってもこじんまりしています笑
(以前、他の病院で大規模な院内学級を見学させてもらった時に、体育館やいくつもの教室、家庭科室などがあってビックリしました!!)
入院している子供たちの人数は
時期によってバラバラなので
少ないと数人、多くても10人を超えるほど。
とは言え、学年もバラバラで
子供たちの病気もそれぞれです。
血液疾患だったり、骨の病気や頭部の病気など。
なので治療ももちろん、症状や注意すべきことが1人1人違うため、学校の先生方は本当に大変な思いをされていたと思います。
毎朝、先生方が病棟に来て看護師さんや担当医に
子供たち1人1人の体調を確認。
検査や治療があればその時間を確認。
院内学級に行ける子供たちは準備を済ませて
他の階にある院内学級へみんなで移動。
低学年、高学年ごとにそれぞれお勉強。
午前中がメインです。たまに英語や音楽も音符
お昼前のお楽しみの時間には、工作をしたり
ドンジャラをしたり、アイロンビーズをやったりと
長期入院している子供たちの気分転換の場を設けてくれていました流れ星
体調がすぐれず院内学級に行けなかったり
個室で治療している子供たちには、
院内学級の先生が病室に来てくれて
ベッドサイドで1時間ほどお勉強することも。
午後にベッドサイドなどの予定がない場合には
追加の授業をやってくれることもありました。
お勉強に気持ちが向かない子供たちには
一緒に工作をしたり、ゲームの話をしたり。
その時その時の体調や精神的な状態も
とてもよく観察してくれていました。
院内学級の先生方は、
長い入院生活で子供たちの心に与える影響を
少しでも減らせるように、気分転換できるように、
そして
病気を克服して退院し地元の学校に復学した後、
子供たちが勉強面でも生活面でも、少しでも
不安を感じることなくスムーズに戻れるように
してあげたい、と日々思ってくれています。
時には、私たち母親の身になって話を聞いてくれたり、病院側と私たちの間に入ってくれたこともありました。
本当にありがたい存在です。
子供たちが長期入院している病院でも院内学級がないところも多く、さらに中学生高校生はここまでの支援が受けられないことも多いと聞きます。
中学生の時に闘病で長期入院したら、病気での欠席なのに欠席日数がひっかかって受験できなかった、という話も聞きましたアセアセ
コロナの影響で、リモートで授業に参加できるところも増えてきてるといいな。
長期入院している子供たち、中学生も高校生も大学生も、病室から参加できて単位も取れて。そんなことが当たり前にできるようになったらいいな、と思います。

克服だけど、質問ある?

叱ってくれる人の存在は… 本当に自分が信じられる存在なんだよね… 一人でもいればいい… 今、いなくても… この先の人生で出会えればいい…
俺は10代の頃に…仲間だと信じていた人間にとんでもない裏切りをされて… 「人間不信」に陥った経験があります…誰も信用出来なくなった…
あの頃を思い出すと…今でも悲しさと怒り…苦い感情が甦る…切れた絆は…いや、折られた絆はトゲの様に心に突き刺さった… 
それでも… 色んな人と出会い…経験を重ねるうちに… 再び人を信じるようになれた…悪いヤツばかりじゃないなと…  人と人の絆って大切だよな…
「親分・杉良太郎」は…永遠に憧れの存在です… 人として… 役者として… 男として…                            
さてさて…   先日、ロケの仕度をしながら…20代前半の女性スタッフと話をしました…笑顔に幼さが残る可愛らしい女性スタッフ…自分の娘と大して年齢が変わらん… 
「どんなに朝早くても前髪だけはこだわるんです。」 「なんで?」「眉毛がちょと…太いんです。」 俺から見ると全くそうは思えない…可愛らしい印象… 「そうか?全く気にならんぞ。」 女性スタッフは猜疑心の目で…「…本当ですか?」 「うん。気にしすぎだよ。」「でも、気になります…」   
他人はなんとも思ってないのに自分はメチャクチャ気になる…コンプレックス…確かに若い頃は気になりがちだな…  
思い返せば俺もコンプレックスの塊だった… いや… 今もコンプレックスを抱えてるか… 
ガキの頃は… 自分の名前が嫌いだった…  小学校低学年の頃…同級生から…「マトバカ!」って呼ばれる… カチンと来て… 「今、何て言った!」 「『的場か!』って言ったんだよ。」ニヤニヤしながら答える…確信犯…何度もしつこく言われて…  掴み合いが始まる… 
「浩司」も嫌いだった… 道を歩いていて工事をしていると…「道路工事!的場工事!」必ず言われる… 
学年が変わり出席で先生が名前を呼ぶ時…「まとばひろし君!」「こうじです…」このやり取りも嫌いだった… 
今にして思えば何でもない事…身体的な事でも…目の色素が薄くて茶色いので…「猫目小僧!」と、散々からかわれた…当時は本当に嫌だった… 
小学校低学年の的場少年はコンプレックスの塊…  思春期になればなったで… 自分の顔が嫌いだったしな…今は…好きでも嫌いでもない… 51年の自分の人生の年輪を刻んだプロフィール…  
コンプレックスは… 間違いなく今でもある…  人と比較する事柄ではなく… 自分自身に対して… 演技力をもっと身に付けたい… まだまだ足りない…  でも、演技力は追求しても…ゴールはきっとないんだろうなぁ… ガラクタって自覚してるしさ…克服する為にトコトン考える…  
皆さんは「コンプレックス」ありますか?ありましたか?  自分では「気になる」けど… 人からすると大した事じゃないんだよな…
若い頃って鼻の下にニキビが出来るだけでイヤだった… 本人からするとメチャクチャ気になる…他人は全く気にならん…  
コンプレックスって年齢と共に減っていく気がする…諦めたとかじゃなくて…きっといい意味で受け入れるんだよね…「個性」だと…これが「自分」だって理解するんだよね…  
コンプレックスは… 裏を返せばその人独自の魅力だったりするもんだよ… きっと…そんな気がする…と、自分に言い聞かせる…
 
追伸・
昨日の俺… 

グッディに出演してきました… 生放送は久しぶりだった…

追伸の追伸・
先ずは六本木のホテル…グランドハイアットでのロケ終わり…

そんでもって続いて…ここはどこでしょう? 

ロケで久しぶりに訪れました… 公私共に素敵な思い出がたくさんある場所…

 懐かしさを感じる人… いるんじゃない? またここで会いたいな… ヒント出しすぎかな?

克服をあなたのものに…

 

 

 

愛する魂の冒険者たちへ

 

 

 

 

 

今日は取材を兼ねて

 

軽井沢を田宮さんと一緒に歩き回りました。

 

 

足が棒になりそうです。笑

 

 

そのくらい歩ける体の健康に

 

感謝しています。

 

 

 

 

最近、あらためて

 

健康のありがたみ、

 

お互いの存在のありがたみを

 

しみじみ痛感しています。

 

 

 

 

田宮さんは、インスピレーションがあったようで

 

毎食、できるだけお味噌汁を飲むようにしたり、

 

食べすぎていたお肉を少し控えているようです。

 

食事のバランスを整えて

 

体をケアしているんですね。

 

 

 

 

それもこれも、

 

自分を大切にすることにつながります。

 

 

 

 

 

生きてる一瞬一瞬を大切にしたいですね・・・

 

どんな時も人生の大事な一瞬だと

 

最近の父と母を見て強く感じます。

 

 

 

 

 

普段からの体のケアは

 

運気アップの面でも大切です。

 

 

 

 

 

 

なんとなく、モヤモヤしたり、

 

巡りがいまいちだな、って

 

気がついた時には、

 

足の裏をたたくようにしています。

 

 

 

 

 

握ったコブシでトントンたたきます。

 

リズミカルに!

 

ふっ、ふっ、と吐く息、

 

呼吸に合わせてたたきます。

 

 

 

あるいは、いち、にい、さん、しい、、、と大きく声に出して数えながら。

 

 

 

 

足の裏といえばこんな詩があります。

 

「頭から光がでる

まだまだだめ

額から光がでる

まだまだいかん

足の裏から光がでる

そのような方こそ

本当に偉い人である」

  

↑これは詩人、坂村真民さんの「尊いのは足の裏である」の一部。

 

大好きな詩です。

 

 

 

 

普段、あまり気にすることのない場所ですが、

 

実は

 

足の裏には、全身の不調や、心の不調を撃退する

 

素晴らしいパワーが秘められています。

 

 

僕は、沖ヨガ流の足裏たたきをやっているんですが、

 

簡単な方法としては、

 

 

 

足の裏の全体をまんべんなく叩くとともに

 

とくに痛い場所、かたい場所を

 

よくもみほぐします。

 

数分、やってみるだけで

 

心も体も、スッキリすること請け合いです!!!

 

 

 

誌面では

 

*腰痛をはじめ、体のあちこちの痛みが消えて耳の聞こえがよくなった

 

*難聴、めまい、ふらつきがなくなった

 

*体重が8kgへった

 

*階段も登れなかったひざ痛を克服

 

などの実例をご紹介したんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

足の裏を叩いてみると、全身の巡りが

 

見事に良くなっていくことが実感できるんです。

 

ちょっと、しんどいな、

 

体がくたびれたな、

 

目が疲れたな、

 

肩が凝ったな、、って時に、

 

ぴったりです。

 

 

 

さて、本日、ちょうど、

 

ゆほびか最新号が発売されまして、

 

大特集が「足をもむ」なんです。

 

以下に、最新号メルマガから

 

内容をご紹介いたしますね。

 

 

 

〜〜〜

 

こんにちは!
『ゆほびか』編集長の高畑圭です。

 

さて、本日は、
「ゆほびか」2020年9月号の発売日。

 

今月号の大特集は、

「足をもむだけで
 免疫力アップ!スリムに変身!」

 

梅雨のこの時季、

腰痛などの体の痛みや

寝ても取れない疲労感などに

悩まされていませんか?

 

 

 

リフレクソロジストとして

延べ何万人もの足の裏を診た

市野さおり先生はこう言います。

 

「体と心の不調は、
 すべて足の裏に現れます。
 足の裏をもむことが
 体調の改善につながるのです」

 

海外の研究では、

マッサージによる痛みの緩和、

便秘や不眠の改善、

ストレスや不安の軽減など、

さまざまな効果が確認されています。

 

 

 

実際に、

足をもむだけで、

糖尿病・高血圧・腰痛・

ひざ痛・耳鳴り・めまいなど、

多くの病気や症状が

 

改善しているのです!

 

 

 

今月号では、市野先生監修の

「一目でわかる体の心の足裏マップ」が
ポスター付録になっています。

 

ぜひこのポスターを参考に、

足の裏をもんで、

不調をどんどん治していき
ましょう!

 

代替テキスト

 

●ゆほびか9月号の内容●

 

糖尿病・高血圧・腰痛・ひざ痛・

耳鳴り・めまいに効く!
足をもむだけで
免疫力アップ!スリムに変身!

 

・心身の疲労・ストレス太りが解消!

 「足の裏マップ」 <ポスター付録>

・血糖値・血圧が正常化!23kgやせた!

 足の「きくち体操」

・インスタで話題沸騰!1回で足が細くなる

 「太ももほぐし」

・専門医考案!タコ・ウオノメ・

 外反母趾に効く「足裏伸ばし」

・Dr.コパも実践!厄を払い

 幸運を引き寄せる「足の塩もみ」

 

医師も激賞!龍に乗った観音様が現れる!
朝までグッスリ!超快眠CD
<自律神経が整い人間関係も改善!>

日本全土を清める!「瀬織津姫の厄払いカード」
<カード付録>

下がりまぶたの人に朗報!
形成外科医開発の「まぶたテープ」

簡単・美味!リロ氏のホットサンドメーカー料理
<Twitterで大人気!>

 

 

 

 

最新号の詳細はこちら(ゆほびかweb)

 

付録CDの詳細はこちら(YouTube)

 

 

感謝をこめて
ゆほびか編集部

 

 

 

〜〜〜

 

ピンときたら、ふだんの「ご自愛ケア」にぜひ

 

取り入れてみてくださいね。

 

 

引き続き素敵な夕をお過ごしくださいますように。

 

 

今日も命にありがとうございます。

西田普

にしだあまね

 

 

本日20時よりYouTubeライブやります。20分程度を予定しています

 


克服 関連ツイート

@1243mexico 昨日の勝利が常でないのが今年のFsですね。接戦の弱さはその前の得点機が活かせていませんし、今の試合も送球ミスや死球など自爆が目立ちます。Lの様にそれを凌駕する打棒ががあれば良いのですが、中田の活躍が目立つよ… https://t.co/ud48ap6b6w
RT @steven05131: 克服できない困難はなく、自分で模索することで問題は解決します https://t.co/yIfVhSOri1
皆さんも既におわかりのことでしょう。有史以来、人類の歴史から闘いの無くならぬ理由を。常に存在する最大の敵。それはいつになっても克服できない、我ら自信の無知と欲望だということを! #BOT
RT @yakyuuhamu_3: ランナー出てからを克服してくれれば
RT @takinamiyukari: 1日で感染者500人超えは4月18日以来。その頃なにしてたか。私は感染しても克服できるように体力をつけようと思い立ち、夫は万一に備え入院準備をしていた。あの頃の「1日500人」は私にとってはそれくらいの数字だった。今はどうだろう。不安な気…
 2020/07/16 20:27 Uera
RT @king19418897: 梶i原i岳i人さんとFFが大好きなぽたくと繋がりませんか??

同担拒否克服したいので同担様もお迎えしております😳💗

https://t.co/ivLYRYYHVC

#フォロワーさんのフォロワーさんと繋がりたい
#声優クラスタさんと繋が…

-克服

Copyright© 芸能人のダイエット大全集 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.