カモスタット

カモスタット もっともっと、いいケータイへ。

投稿日:

大学生なら知っておくべきカモスタットの5つの法則

最近巷で、

噂になってる、
コロナ予防に効果があるという、
↑明確な効果はまだ保証されてない真顔上差し
元来急性膵炎や、
手術後の逆流性食道炎に、
悩む方へのお薬、
カモスタットをもらいに、
シュキーン道中にある、

に、
行って来たよウインクキラキラ



前もって電話をしておいたので、

お薬をもらうだ〜け〜ルンルン





とりあえず2ヶ月分、








買って来〜たわ薬
ちょっとお高い札束
サプリメントだと思って、
飲んでみようっとニヤニヤあせる
日本の日本
要人や議員先生方が、
こぞって飲んでるって、
噂よ!ニヤニヤ

カモスタット 健康で豊かな生活づくりに奉仕する

みなさん、こんにちは

ご訪問ありがとうございます

 

今回は次の診察体験を報告させていただきます

 

6月の職場の健康診断で「慢性膵炎」を疑われてしまい その後、なんというか不本意?な気持ちを持ちつつ、不安になっていきました。

 

というのもネットで検索してみると、まさに症状があてはまります 病気におけるネット検索はネガティブになるリスク満載です…

 

自分だけは違うだろうと考えてみても、今の体調からするとネガティブになってしまします。

 

そののち 7月には夏の飲み会が連発しまして、ますます体調は悪化していきます

(ちなみに回顧的に記していますので、今夏のコロナ禍ではありません)

 

飲み会直前に痛むかったるい背中および腰を、はぁ~(*´Д`)とさすりながら温かい蕎麦を食って冷たいビールに備えてみたり

 

今から思うと、当然飲まなきゃいけないみたいに考えていたこと なんてバカだったんだと感じます

 

アルコールの影響を全く考えていなかったのです

(ボサ先生に言わすと、男性の平均寿命が女性よりも短いのは酒を好んで多く飲むからだということ)

 

そんなことで、一度ちゃんと診てもらおうと決心しました

 

8月 A2病院を受診 慢性膵炎を指摘したボサ先生の外来へ

 

 

先生「はい、今日はどうされました?」

 

私 「あ、はい 健康診断の問診で膵臓が具合悪いのではと言われたので… ちょっと診てもらおうと思いまして…」

 

先生「ああ、慢性膵炎の方?」 (いや、まだ診てもらってないですけど…)「どうなの? 体調は」

 

私「はぁ 相変わらずで というか しんどく思いまして」

 

先生「背中の痛みはいつから? どの辺り? 痛みはいつ出る? 飲酒量は?」

 

先生「3年も放置してたの呑気だな。 みぞおちから背中にかけて左寄り。 食後、2,3数時間後。 毎日飲むビール缶で750mlか、べらぼうまでじゃないな」

 

先生「とりあえず血液検査」

 

私「がんの可能性もありますか?」

 

先生「は?  うんまぁ若い人でもなるときはなるからな けど痛みがすでに3年も経ってる そうであるならもう今の状態ではないでしょう。では腫瘍マーカーも入れておくね」

 

血液検査は一般項目と アミラーゼ

腫瘍マーカーは CA19-9とCEA

 

◆血液検査結果(カッコ内基準値)

 

アミラーゼ 118 (39-134U/L)

AMYアイソザイム-血清

P% 11.0 (15.7-64.0)

S% 89.0 (36.0-84.3)

P/S 0.12 (0.19-1.79)

CEA 1.3 (5.0)

CA19-9 2.0未満 (37.0)

 

先生「正常範囲 だな」

 

私「大丈夫そうですか」

 

先生「いや いつも異常値が出るとは限らない 腹部CT撮ってみよう」

 

 

 

 

◆CT(単純CT)結果

 

先生が読影するのに待たされている間 大丈夫だったらいいのにと希望と不安いっぱい

 

先生「単純CTだから断定できないけど 率直に言ってあやしい」

 

私「はぁ…↓…」

 

先生「健康な方に比較して 膵臓の輪郭が不明瞭 カタチが腫大に感じる」

 

先生「どうだろうな 膵腫大とします あと、アルコール量と痛みのこと もう一度教えてくれる?」

 

当時は診断基準を知らなかったので分からなかったのですが、膵炎の薬を処方するにあたり、所見をひとまずつくられた様です

 

先生「慢性膵炎の薬を当面飲んでみて症状の変化を教えてください。」

 

カモスタットを1カ月分処方されました。

 

こんなに薬をもらったの初めてだ、これからどうなるのだろう

 

またまたすっきりしないまま その日の診察を終えました。

 

その後の経過はあらためて報告したいと思います。

 

今回も読んでいただいた方、ご訪問いただいた方

本当にありがとうございます。感謝いたします。

 

 

 

 

 

さて、すっかり秋めいてきました。

各地の山でも初冠雪が見られて、四季の移り変わり ニッポンて平和で美しい なんて素晴らしい

と言いたいところですけど、

このところ気候や世界情勢 何かと変わってきていることが、病気と同じですっきりしない部分がありますね。

 

でも 自身の力の及ばない事で、とやかく悩んだり、不安になったり、考えてみても

力が及ばないことを望んでも何も変わりません 

 

自身のコントロールできない事で悩まない事です

 

気候 世界情勢 仕事も 病気も 人間関係も受け容れて

 

自分の大切なこと できることをやるだけ。 良い部分を感じるだけ

 

と自分に言い聞かせて過ごしております。

 

皆様もコロナ禍の不自由な状況ですが、どうかご自愛くださいませ。

 

君は何を目指していますか。私たちはNo.1カモスタットを目指します。

↑昨日の富士山

頂上に雪がない!

 

金曜日は大学病院の通院でした。

感染者が増えてるときに大学病院なんて

行きたくないけど、仕方ない。

でも、毎年2月にやってるCT検査はしたくない!

先生に訴えたら

「いいよ!」

次回の通院が4月。

そのときにCTの予約をすることに

しました。

 

ワクチンに関して先生は

「僕は勧めない!

まだどんな副作用が出るか分かってない。

免疫にどんな影響を与えるかも

分かってない。

政府は推奨しているけど

医師会は推奨してないんだよね。

1年くらい様子を見てから

打つ方がいいと思う。

インフルエンザのワクチンだって

今の安全なワクチンが出来るまで

30年かかってるんだよ」

 

そんな話を聞いてしまうと

大喜びでワクチンを打てないな・・・

私は基礎疾患がある高齢者だから

優先順位は高いけど

どうしよう。

内科の先生にも聞いてみよう!

 

 

私が服用している膵炎の薬(カモスタット)が

ウィルスの侵入を防ぐ効果があると

以前記事にしたのですが

そのカモスタットが、市場で品薄になってる!

処方された分の薬を全量、薬局でもらえず

入荷待ち。

 

大学病院の先生が

「カモスタットが欲しいという人が

結構いるんだよね」

と言ってたから、明らかにそのせいだわ。

カモスタットだって、まだ検証中で

確実な効果は分かってないのに。

藁にもすがりたい気持ちはわかるけど

本当に必要な人にいきわたらないのは

おかしいでしょ!

医師も膵炎を患ってない人に

気軽に処方しちゃダメでしょ!

 

カモスタットにこだわりつくすあなたのサイト

みなさん、こんにちは

ご訪問ありがとうございます

 

今回は次の診察体験を報告させていただきます

 

6月の職場の健康診断で「慢性膵炎」を疑われてしまい その後、なんというか不本意?な気持ちを持ちつつ、不安になっていきました。

 

というのもネットで検索してみると、まさに症状があてはまります 病気におけるネット検索はネガティブになるリスク満載です…

 

自分だけは違うだろうと考えてみても、今の体調からするとネガティブになってしまします。

 

そののち 7月には夏の飲み会が連発しまして、ますます体調は悪化していきます

(ちなみに回顧的に記していますので、今夏のコロナ禍ではありません)

 

飲み会直前に痛むかったるい背中および腰を、はぁ~(*´Д`)とさすりながら温かい蕎麦を食って冷たいビールに備えてみたり

 

今から思うと、当然飲まなきゃいけないみたいに考えていたこと なんてバカだったんだと感じます

 

アルコールの影響を全く考えていなかったのです

(ボサ先生に言わすと、男性の平均寿命が女性よりも短いのは酒を好んで多く飲むからだということ)

 

そんなことで、一度ちゃんと診てもらおうと決心しました

 

8月 A2病院を受診 慢性膵炎を指摘したボサ先生の外来へ

 

 

先生「はい、今日はどうされました?」

 

私 「あ、はい 健康診断の問診で膵臓が具合悪いのではと言われたので… ちょっと診てもらおうと思いまして…」

 

先生「ああ、慢性膵炎の方?」 (いや、まだ診てもらってないですけど…)「どうなの? 体調は」

 

私「はぁ 相変わらずで というか しんどく思いまして」

 

先生「背中の痛みはいつから? どの辺り? 痛みはいつ出る? 飲酒量は?」

 

先生「3年も放置してたの呑気だな。 みぞおちから背中にかけて左寄り。 食後、2,3数時間後。 毎日飲むビール缶で750mlか、べらぼうまでじゃないな」

 

先生「とりあえず血液検査」

 

私「がんの可能性もありますか?」

 

先生「は?  うんまぁ若い人でもなるときはなるからな けど痛みがすでに3年も経ってる そうであるならもう今の状態ではないでしょう。では腫瘍マーカーも入れておくね」

 

血液検査は一般項目と アミラーゼ

腫瘍マーカーは CA19-9とCEA

 

◆血液検査結果(カッコ内基準値)

 

アミラーゼ 118 (39-134U/L)

AMYアイソザイム-血清

P% 11.0 (15.7-64.0)

S% 89.0 (36.0-84.3)

P/S 0.12 (0.19-1.79)

CEA 1.3 (5.0)

CA19-9 2.0未満 (37.0)

 

先生「正常範囲 だな」

 

私「大丈夫そうですか」

 

先生「いや いつも異常値が出るとは限らない 腹部CT撮ってみよう」

 

 

 

 

◆CT(単純CT)結果

 

先生が読影するのに待たされている間 大丈夫だったらいいのにと希望と不安いっぱい

 

先生「単純CTだから断定できないけど 率直に言ってあやしい」

 

私「はぁ…↓…」

 

先生「健康な方に比較して 膵臓の輪郭が不明瞭 カタチが腫大に感じる」

 

先生「どうだろうな 膵腫大とします あと、アルコール量と痛みのこと もう一度教えてくれる?」

 

当時は診断基準を知らなかったので分からなかったのですが、膵炎の薬を処方するにあたり、所見をひとまずつくられた様です

 

先生「慢性膵炎の薬を当面飲んでみて症状の変化を教えてください。」

 

カモスタットを1カ月分処方されました。

 

こんなに薬をもらったの初めてだ、これからどうなるのだろう

 

またまたすっきりしないまま その日の診察を終えました。

 

その後の経過はあらためて報告したいと思います。

 

今回も読んでいただいた方、ご訪問いただいた方

本当にありがとうございます。感謝いたします。

 

 

 

 

 

さて、すっかり秋めいてきました。

各地の山でも初冠雪が見られて、四季の移り変わり ニッポンて平和で美しい なんて素晴らしい

と言いたいところですけど、

このところ気候や世界情勢 何かと変わってきていることが、病気と同じですっきりしない部分がありますね。

 

でも 自身の力の及ばない事で、とやかく悩んだり、不安になったり、考えてみても

力が及ばないことを望んでも何も変わりません 

 

自身のコントロールできない事で悩まない事です

 

気候 世界情勢 仕事も 病気も 人間関係も受け容れて

 

自分の大切なこと できることをやるだけ。 良い部分を感じるだけ

 

と自分に言い聞かせて過ごしております。

 

皆様もコロナ禍の不自由な状況ですが、どうかご自愛くださいませ。

 


カモスタット 関連ツイート

@コスメのランキング見て、エビスのツインエレナイザーとmous.のプルミナス迷う。

エビス:〇 毎秒300万回の超音波 ✖ 防水じゃない/専用ジェル必要
mous.:〇 お風呂で使える/普段の化粧品でOK ✖ 毎秒100万回の超音波

ううーん どっちがいいの。。

@imofly2 毎秒聞いて
RT @nikuyakuzo: 毎秒おもろい
#KuzuArt #絵スコート #絵クス絵画 https://t.co/TZpwnVBAGu
@BronzeKinako そうなんです!ルー大柴と石田純一と同じ本日誕生日なのです!
ありがとです〜🥰
私も毎分毎秒きなこさんがハッピーになる事を祈ってます!(愛が重い)
RT @nazotyu: えぇーい、軽率に女体化したり、動物になったり、デブったり、膨らんだりする創作みんなやれーー!毎秒うpしろー!!

-カモスタット

Copyright© 芸能人のダイエット大全集 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.