ダンサー

この春はゆるふわ愛されダンサーでキメちゃおう☆

投稿日:

涼宮ハルヒのダンサー

みなさまこんにちは!

 

思わせぶりなタイトルでゴメンあそばせ。

 

 

さて、ロシア人がバレエ学校に入ったころは

まだソビエト連邦時代。

 

ロシア人も多く、ロシア文化も広まっていました。

 

キルギスも、もし、ソ連になってなかったら

文字もなかったし、電気もガスも使わない

遊牧生活を続けていたかも??と言ったら言い過ぎかもしれませんが

 

ロシアの力を借りて文字、電気などのライフライン、産業や

教育が広まったのは事実のようです。

 

それがよかったかどうかはわかりませんけどね。

 

遊牧生活いいじゃないか。

 

そんな遊牧生活で欠かせないのが馬です。

 

食べてヨシ!乗ってヨシ!

 

ということでね、キルギスの人は大抵馬に乗れます。

 

田舎に行ったら移動手段は馬です。←人による

 

そのためなのか何なのか

キルギスの人はガニ股が多い。

 

ロシア人は馬に乗るからだと言っていましたが、そうなんかな~?

 

乗馬は上半身の姿勢がバレエに近いと教えてもらったことがあります。

ももで馬を挟むのでそれもバレエに役立つとか…

 

確かに馬に乗るときって姿勢よくしてますよね、みなさん。

 

そんな、乗馬とバレエの意外な共通点があるにも関わらず。

 

キルギス人はガニ股歩きで姿勢は別によくないです。

 

そんな中にポツンと異彩を放つ少年が!!

 

近所で噂になるほどの「やけに姿勢いい少年」が紛れもなく

うちのロシア人(少年期)だったそうです。

 

みなさま。ガニ股とアンディオールは違いますからね。

 

ロシア人というだけでアジアのキルギス人とはスタイルも違いますし

背も高かったロシア人。

 

10歳でバレエ学校に入学したときは普通の少年でしたが

2,3年経つ頃にはバレエの雰囲気がまとわりつくようになったということです。

 

わかりますか?

 

あのバレエダンサーのシュッとした感じ?!

 

バレエ学校の発表会では何人かにしか感じられなかった

デコルテラインというか姿勢?顎をちょっと上げて

颯爽と歩くあの感じですよ。

 

佇まいがバレエしているというヤツ。

 

一度だけ間近で熊川哲也さんを拝見しましたが

そりゃぁもう素敵でした♪

私服だけど、シュッとしてる!

 

そして、ほかのバレエダンサーさんでもテレビなど登場したとたんに

「シュッとしてる!!」って思う、あれです。

 

なんだそりゃ(笑)

 

話は戻りますが…

 

ほかにもバレエ学校に行っている男子はいたようですが

私が知る限りキルギス人が多くを占めている…というより

ロシア人のダンサー、女子は結構いるけど男子は知らない?ってくらいいない。

 

ソ連時代もバレエ男子は少なかったようです。

 

絶対数が少ないと選択肢がないので

ダンサーになるべくしてなった人だけが残るわけでもなくなります。

 

今でこそ、憧れの職業かもしれませんが

当時は職業訓練校。

 

周りのバレエ男子がもっさりするなか

ロシア人はバレエっぽくなれた稀なケースだったのかもしれません。

 

そうなると周りから奇妙な目で見られ始めたロシア人少年。

 

「なんであの子はあんな歩き方?」

 

「なんであの子は偉そうなの?」(顎あげてるから?)

 

女子だったらお高く留まっている感を与えるかもしれない。

 

「貴族なの?」と思われたかどうか知りませんが(笑)

 

 

隠し切れないバレエの香り…

 

いいですね~

コレですよ!

 

私が求めているのは!

 

どうしたらそうなれるのだろうか??

 

せめてバレエのレッスンの時だけでも!と思いますが

それだけじゃ足りないのでしょうね。

 

そうしようと思わなくてもにじみ出てしまうのが

プロならば

 

いつもそうしようと思って

顔に貼っておくくらいしないと素人はダメなのでしょう。

 

アンディオールしながら歩くんじゃない!

とバレエ学校の子どもたちは叱られるそうですが

 

私はロシア人の先生に

「いつもアンディオールしながら歩きなさい!」と

言われてましたから

 

プロのダンサーに対するアドバイスと

真逆なんですが目指しているところは同じという不思議。

 

でも当たり前か。

 

バレリーナが外でガニ股で歩くなって言われてたから

趣味の私も普段はなんの意識もしなくていいのね。

と思ったら大間違い!

 

 

 

街中でバレエ歩きしているダンサーはよくないと言われますが

そうしたいのじゃなくてそうなっちゃうんだと思うんですよね。

 

そして私はそうなっちゃわない人なんだから

そうなるように歩けということですよ。

 

それが板についてきたら

フツーーーーーに歩いても

 

「バレリーナみたい!」と

思われる日がくるかもしれな~い

 

 

 

 

 

ダンサーの魅力って

みなさまこんにちは!

 

思わせぶりなタイトルでゴメンあそばせ。

 

 

さて、ロシア人がバレエ学校に入ったころは

まだソビエト連邦時代。

 

ロシア人も多く、ロシア文化も広まっていました。

 

キルギスも、もし、ソ連になってなかったら

文字もなかったし、電気もガスも使わない

遊牧生活を続けていたかも??と言ったら言い過ぎかもしれませんが

 

ロシアの力を借りて文字、電気などのライフライン、産業や

教育が広まったのは事実のようです。

 

それがよかったかどうかはわかりませんけどね。

 

遊牧生活いいじゃないか。

 

そんな遊牧生活で欠かせないのが馬です。

 

食べてヨシ!乗ってヨシ!

 

ということでね、キルギスの人は大抵馬に乗れます。

 

田舎に行ったら移動手段は馬です。←人による

 

そのためなのか何なのか

キルギスの人はガニ股が多い。

 

ロシア人は馬に乗るからだと言っていましたが、そうなんかな~?

 

乗馬は上半身の姿勢がバレエに近いと教えてもらったことがあります。

ももで馬を挟むのでそれもバレエに役立つとか…

 

確かに馬に乗るときって姿勢よくしてますよね、みなさん。

 

そんな、乗馬とバレエの意外な共通点があるにも関わらず。

 

キルギス人はガニ股歩きで姿勢は別によくないです。

 

そんな中にポツンと異彩を放つ少年が!!

 

近所で噂になるほどの「やけに姿勢いい少年」が紛れもなく

うちのロシア人(少年期)だったそうです。

 

みなさま。ガニ股とアンディオールは違いますからね。

 

ロシア人というだけでアジアのキルギス人とはスタイルも違いますし

背も高かったロシア人。

 

10歳でバレエ学校に入学したときは普通の少年でしたが

2,3年経つ頃にはバレエの雰囲気がまとわりつくようになったということです。

 

わかりますか?

 

あのバレエダンサーのシュッとした感じ?!

 

バレエ学校の発表会では何人かにしか感じられなかった

デコルテラインというか姿勢?顎をちょっと上げて

颯爽と歩くあの感じですよ。

 

佇まいがバレエしているというヤツ。

 

一度だけ間近で熊川哲也さんを拝見しましたが

そりゃぁもう素敵でした♪

私服だけど、シュッとしてる!

 

そして、ほかのバレエダンサーさんでもテレビなど登場したとたんに

「シュッとしてる!!」って思う、あれです。

 

なんだそりゃ(笑)

 

話は戻りますが…

 

ほかにもバレエ学校に行っている男子はいたようですが

私が知る限りキルギス人が多くを占めている…というより

ロシア人のダンサー、女子は結構いるけど男子は知らない?ってくらいいない。

 

ソ連時代もバレエ男子は少なかったようです。

 

絶対数が少ないと選択肢がないので

ダンサーになるべくしてなった人だけが残るわけでもなくなります。

 

今でこそ、憧れの職業かもしれませんが

当時は職業訓練校。

 

周りのバレエ男子がもっさりするなか

ロシア人はバレエっぽくなれた稀なケースだったのかもしれません。

 

そうなると周りから奇妙な目で見られ始めたロシア人少年。

 

「なんであの子はあんな歩き方?」

 

「なんであの子は偉そうなの?」(顎あげてるから?)

 

女子だったらお高く留まっている感を与えるかもしれない。

 

「貴族なの?」と思われたかどうか知りませんが(笑)

 

 

隠し切れないバレエの香り…

 

いいですね~

コレですよ!

 

私が求めているのは!

 

どうしたらそうなれるのだろうか??

 

せめてバレエのレッスンの時だけでも!と思いますが

それだけじゃ足りないのでしょうね。

 

そうしようと思わなくてもにじみ出てしまうのが

プロならば

 

いつもそうしようと思って

顔に貼っておくくらいしないと素人はダメなのでしょう。

 

アンディオールしながら歩くんじゃない!

とバレエ学校の子どもたちは叱られるそうですが

 

私はロシア人の先生に

「いつもアンディオールしながら歩きなさい!」と

言われてましたから

 

プロのダンサーに対するアドバイスと

真逆なんですが目指しているところは同じという不思議。

 

でも当たり前か。

 

バレリーナが外でガニ股で歩くなって言われてたから

趣味の私も普段はなんの意識もしなくていいのね。

と思ったら大間違い!

 

 

 

街中でバレエ歩きしているダンサーはよくないと言われますが

そうしたいのじゃなくてそうなっちゃうんだと思うんですよね。

 

そして私はそうなっちゃわない人なんだから

そうなるように歩けということですよ。

 

それが板についてきたら

フツーーーーーに歩いても

 

「バレリーナみたい!」と

思われる日がくるかもしれな~い

 

 

 

 

 

ダンサー 丸くは、ならない。

ご訪問ありがとうございます💕

今日は、お友達のように親しくさせて

いただいてるドラマーさんが、

ボイストレーニングの

レッスンを受けに来てくれました。

久しぶりの再会でした✨

彼はラテンダンサーでもあり、

サルサレッスンの講師も精力的にやって

おられ、九州と東京を毎月行ったりきたりの

多忙な生活。

スタイル抜群、しかもイケメン✨

中川義博さんドラム
天は彼に何物与えたもう?

目の前で、サルサ踊られたら

簡単に悩殺されてしまいそうダッシュ

罪な人ですニコニコ

今日のレッスンでは、

今後、自分ひとりでも有効なボイトレを

してもらうために、

必要なことを、急ぎ足で詰め込みました。

プロのミュージシャンなので、

多く言わなくともわかってもらえます。

一回きりのレッスンのはずが、

コロナが明けたら、

月1で、またトレーニングに

来たいと言ってくれて。

彼がレッスンにとても満足してくれた様子

なので、私もスッキリしました😊

でも、レッスンで会えるのも楽しいけど、

やっぱり、コロナが明けたら

ライブを一緒にできること!

これが一番の望みです😃

レッスン後、

「私、股関節固くて、90度くらいしか

開脚できない」 と話したら

ちょっとだけ、ストレッチやって

みましょうか?となり、

もっと開脚出来るようになる方法を

いくつか教えてくれました。

わぁ~、ほんとにからだ固いんですねぇ、

と言われ、、、

わかってはいるけど、ショック😭

でも、ちょっとやってもらっただけで、

最初よりも深く前に倒せるようになり

びっくりびっくりびっくりびっくり

これ、きっと毎日続けたら

180度開脚も夢じゃないかもしれませんうずまき

ストレッチ中、めちゃくちゃ痛かったけど

教えてもらいながら、

イケメンドラマーさんの体と、

どうしても密着せざるを得ないことにより

痛みは半減、がんばれました爆笑

名残惜しみながら

コロナ、お互いに元気に乗り切ろう!

ライブ絶対一緒にやろうねー!

とバイバイしました。

頭も体も心も活性化したひとときでした✨

お読みいただきありがとうございました💕

明日もみなさまにとって

穏やかで楽しい1日となりますように🍀

なにがしかダンサーが見つかります。

みなさまこんにちは!

 

思わせぶりなタイトルでゴメンあそばせ。

 

 

さて、ロシア人がバレエ学校に入ったころは

まだソビエト連邦時代。

 

ロシア人も多く、ロシア文化も広まっていました。

 

キルギスも、もし、ソ連になってなかったら

文字もなかったし、電気もガスも使わない

遊牧生活を続けていたかも??と言ったら言い過ぎかもしれませんが

 

ロシアの力を借りて文字、電気などのライフライン、産業や

教育が広まったのは事実のようです。

 

それがよかったかどうかはわかりませんけどね。

 

遊牧生活いいじゃないか。

 

そんな遊牧生活で欠かせないのが馬です。

 

食べてヨシ!乗ってヨシ!

 

ということでね、キルギスの人は大抵馬に乗れます。

 

田舎に行ったら移動手段は馬です。←人による

 

そのためなのか何なのか

キルギスの人はガニ股が多い。

 

ロシア人は馬に乗るからだと言っていましたが、そうなんかな~?

 

乗馬は上半身の姿勢がバレエに近いと教えてもらったことがあります。

ももで馬を挟むのでそれもバレエに役立つとか…

 

確かに馬に乗るときって姿勢よくしてますよね、みなさん。

 

そんな、乗馬とバレエの意外な共通点があるにも関わらず。

 

キルギス人はガニ股歩きで姿勢は別によくないです。

 

そんな中にポツンと異彩を放つ少年が!!

 

近所で噂になるほどの「やけに姿勢いい少年」が紛れもなく

うちのロシア人(少年期)だったそうです。

 

みなさま。ガニ股とアンディオールは違いますからね。

 

ロシア人というだけでアジアのキルギス人とはスタイルも違いますし

背も高かったロシア人。

 

10歳でバレエ学校に入学したときは普通の少年でしたが

2,3年経つ頃にはバレエの雰囲気がまとわりつくようになったということです。

 

わかりますか?

 

あのバレエダンサーのシュッとした感じ?!

 

バレエ学校の発表会では何人かにしか感じられなかった

デコルテラインというか姿勢?顎をちょっと上げて

颯爽と歩くあの感じですよ。

 

佇まいがバレエしているというヤツ。

 

一度だけ間近で熊川哲也さんを拝見しましたが

そりゃぁもう素敵でした♪

私服だけど、シュッとしてる!

 

そして、ほかのバレエダンサーさんでもテレビなど登場したとたんに

「シュッとしてる!!」って思う、あれです。

 

なんだそりゃ(笑)

 

話は戻りますが…

 

ほかにもバレエ学校に行っている男子はいたようですが

私が知る限りキルギス人が多くを占めている…というより

ロシア人のダンサー、女子は結構いるけど男子は知らない?ってくらいいない。

 

ソ連時代もバレエ男子は少なかったようです。

 

絶対数が少ないと選択肢がないので

ダンサーになるべくしてなった人だけが残るわけでもなくなります。

 

今でこそ、憧れの職業かもしれませんが

当時は職業訓練校。

 

周りのバレエ男子がもっさりするなか

ロシア人はバレエっぽくなれた稀なケースだったのかもしれません。

 

そうなると周りから奇妙な目で見られ始めたロシア人少年。

 

「なんであの子はあんな歩き方?」

 

「なんであの子は偉そうなの?」(顎あげてるから?)

 

女子だったらお高く留まっている感を与えるかもしれない。

 

「貴族なの?」と思われたかどうか知りませんが(笑)

 

 

隠し切れないバレエの香り…

 

いいですね~

コレですよ!

 

私が求めているのは!

 

どうしたらそうなれるのだろうか??

 

せめてバレエのレッスンの時だけでも!と思いますが

それだけじゃ足りないのでしょうね。

 

そうしようと思わなくてもにじみ出てしまうのが

プロならば

 

いつもそうしようと思って

顔に貼っておくくらいしないと素人はダメなのでしょう。

 

アンディオールしながら歩くんじゃない!

とバレエ学校の子どもたちは叱られるそうですが

 

私はロシア人の先生に

「いつもアンディオールしながら歩きなさい!」と

言われてましたから

 

プロのダンサーに対するアドバイスと

真逆なんですが目指しているところは同じという不思議。

 

でも当たり前か。

 

バレリーナが外でガニ股で歩くなって言われてたから

趣味の私も普段はなんの意識もしなくていいのね。

と思ったら大間違い!

 

 

 

街中でバレエ歩きしているダンサーはよくないと言われますが

そうしたいのじゃなくてそうなっちゃうんだと思うんですよね。

 

そして私はそうなっちゃわない人なんだから

そうなるように歩けということですよ。

 

それが板についてきたら

フツーーーーーに歩いても

 

「バレリーナみたい!」と

思われる日がくるかもしれな~い

 

 

 

 

 

閉じる

楽天ウェブサービスセンター


ダンサー 関連ツイート

RT @kbs_jamjam: 今夜1月28日は世界的ダンサー 田中泯さんのインタビューを混えて、本日から上映のドキュメンタリー映画『 #名付けようのない踊り』を紹介。また大友さんが音楽を担当した映画『ノイズ』のサントラ音源もOA。お聴き逃しなく!
#kbs_jamjam
#…
@gyutanmentaico めんちゃん今日懐かしのトリオ大会ダイナモダンサーだね😂ダイナモ違いだけどwまっいっか😂✨👍
RT @JUMI_rin: JUMI International 🇬🇧🇯🇵の新春動画がYou tube で公開されました。今回の動画では可愛い子供達の成長の姿と共に新年初のバレエオーディション撮影風景もチラッとご覧になれます🩰美しいバレエダンサーと可愛い子供達の姿に心癒されてね…
KPOP界コロナ流行りすぎじゃない?😮‍💨本人が感染したというよりかはスタッフとかダンサーの人からうつった系が多い気がする😮‍💨自分のせいでアーティストが感染したらと思うとスタッフも息が詰まるね……
テーマパークダンサー育成クラス2月生募集 https://t.co/6d2iN4Jzf3【体験レッスン受付中 TEL:048-255-2979】 #テーマパークオーディション  #エンターテイナーオーディション… https://t.co/JOBWXqeOrt
RT @unnameabledance: 76歳世界的ダンサー #田中泯
少年のように“心が踊る瞬間”を生きる

ポルトガル、フランス、日本…..
田中泯のダンスに誘われ、世界を旅する
映画『#名付けようのない踊り』
1月28日公開

-ダンサー

Copyright© 芸能人のダイエット大全集 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.