大泉洋

大泉洋のページ

投稿日:

大泉洋 もっと伝えたい、感動を。

沙村広明「波よ聞いてくれ 4巻」、引き続き感想です。

ネタバレというほどではないですが、既に読んだ方むけとなっております。

 

********************

 

4巻は表層のストーリーがぐいぐい動くというよりは、奥の方の大きな本筋が―何か沼の主みたいなものがぬらりと巨大な背びれを見せたような、そんな印象を持った。

 

そのひとつが①で触れた「あれはラジオの面白さじゃなくて貴女自身の面白さよね」問題。

「自分にしか興味ない」「歩く放送事故みたいな」「面白い人」ミナレが、「ラジオの面白さ」と向き合うのか向き合わないのか。

延いては「面白いキャラが面白いことをするのが面白い漫画」なのか「漫画の面白さとは何なのか」問題。(あくまでも私見です)

 

そしてもうひとつの大きなポイントが「ミナレ」という名前に込められた意味だ。

第28話「電話じゃ話せない」では、ミナレの父がミナレの由来について話すが…

 

 ・週刊誌の見出し「美熟女」から「美熟(みなれ)」

 ・3人の愛人の名前から一文字ずつとった(ミチル・ナツコ・レイコ)

 

どこまで本当だかわからないがとにかくろくでもない話で笑わせにくる…

と見せかけて、そこへ突如麻藤の回想が挟まれる。

 

ロンドンから帰ってきたと思しきシセル光明が麻藤に語る。

「誰かを笑いモノにするんじゃなくて自分が恥をかいて起こる笑いが一番尊いよ」

そしてアイヌ語の資料を眺めながらこう話す。

「くだらない事考えてたよ…

 もし自分に子供ができたらこんな名前つけるかもしれないって

 『笑わせる(ミナ・レ)』」

 

ついに出た。

ここへ来てようやくシセルとミナレが繋がった。

鼓田家の両親がミナレの生物的な親であることが間違いないが、“シセルとミナレが似ている”のはこの意味においてであった。

“出先で凄惨な事故に”遭って夭逝した(?)シセルの“子供”を麻藤はミナレに見ている。

(ちなみにシセル光明って、星の王子様のような話し方をしますね。砂漠で金色の蛇に自分を噛ませて、小さな星へ帰ってしまいそう)

声が似ているわけでも血が繋がっているわけでもないミナレだが、この物語の中ではシセルの継承者なのだ。あるいは、その精神の実践者。

 

この4巻ででたらめな名づけの由来を語ったミナレ父だが、2巻第15話ではミナレにこう語りかける。それは不思議とシセルが語った言葉と符合する。

 

「どんな仕事に就いてもいい―

 周りから笑われる人間になれ

 それが一番大切」

 

作者がこの「ミナレ」という名前に込めた意味がここで明らかになった。

 

ラジオの(漫画の)面白さとは?

一番尊い笑いとは?

 

即興演奏のように見せつつ、すべてのコマでふざけ倒しながらも、構成は骨太だ。

しかし、あくまでもただただ饒舌にストーリーは進んでゆく。

 

さらに周囲の人物も動きを見せ始める。

城華マキエは放送作家方面になるのか?

そしていずれミナレに関わることにならないわけがない。

早く続きを読ませてくれっへえエエ~~!(ミナレのタイトルコール風に読んで頂きたい!)

 

************

 

さて蛇足ではありますが…

 

・北海道

・放送

・自分が恥をかいて起こる笑い

・喋り手をギリギリまで追い込んで喋らせたら何を言い出すのか

・…命をなんだと思っている

 

という一連のワードから連想するのは大泉洋

この漫画の中のラジオ番組の内容と水曜どうでしょうは全然違いますけどね。

試される大地はこういうものを育みがちなのでしょうか。

 

とりあえず、カバーも外して読むべし読むべし。

 

 
Amazon

 

 

大泉洋の情報沢山

<映画鑑賞ネタ  第255作目>

 

   『青天の霹靂』       鑑賞日 2017年8月15日(火)

 

    出  演  大泉洋  柴咲コウ  劇団ひとり  笹野高史  風間杜夫  他

 

    監  督  劇団ひとり    原  作  劇団ひとり

 

    脚  本  劇団ひとり  橋部敦子

 

    ジャンル  邦画ドラマ・ファンタジー   2014年作品

 

※2度目の鑑賞、NHKBSプレミアムにて録画。 それでは、レビューです。

 

 小説家としてのデビュー作「陰日向に咲く」が100万部を超え、マルチタレントとして活躍する劇団ひとりが、自らの小説であるこの作品をを映画化したもの。

 

 まずは、原作者の劇団ひとりを褒めたい。

 

 正直言って、良い作品だ。

 

 ストーリーの展開はすぐに読めるんだけど、それでもたくさん泣けた!

 天涯孤独で売れないマジシャンが落雷で40年前の浅草にタイムスリップ。

 

 現代では売れていなくても、40年前なら見事なマジックとして一躍人気者。

 

 その時にタッグを組むことになるのが実の父親だった。

 

 天涯孤独で、両親のことをどうしようもない親だと思っていた轟は、40年前の世界で自分の両親と出会い、本当はそうでなかったことを知る。

 

 そして、自分の出自の秘密を知る。

 

 笑いにたくさんの涙あり。 

 

 キャストも素晴らしい。 主役の大泉洋、こういった映画にはこの人が最高だね。

 

 そして、劇団ひとり、俳優としても良い味出している。

 

 ちょっと褒めすぎかな?

 

 いやぁ、映画ってホント面白いですね。

 

 評価点は ☆☆☆☆★(4.6点)

 

 

 

お悩み無用大泉洋販売どころ

朝から暗い。
ガスかかってるなぁ~って、
思ったら 降ってきた。
これも 方言?
ガスかかるって。
この前、
大泉洋が テレビで
「おだつ」
と言っていた。
そうか、これも
我が地方の言語だったのか。
うるかす。
うるかしといて。
うるけた。
普通に使っていたけど
主人には
耳慣れないようで。
お米、うるかしといたから。
お風呂 長く入ったら うるけるよ。
うるけたかい?
そんな言語で育った私。
実は 主人の地方の言葉が
怖かった。
何の気なしに
その話を 恋愛時代に話した。
それから 約七年。
主人は、私に標準語で話している。
「~やろ」
を始め 
漫才師が使うような
主人が生まれ育った地域の
言語を
使わない、私には。
もともと
ベラベラ話すタイプではないが
辛くないのか、聞くと。
「大丈夫」
とのこと。
お姑さんや
主人の親戚達は
柔らかい方言で
話してくれるので良いのだが。
では、主人の方言を
聞かない生活かと言うと。
そんなことは無く。
一旦停止で捕まったとき
警官に
ヤ○ザ映画でよく聞くような
口調で まくし立てていた。
この人って、こんなに早口で喋れるんだ。
この人って、こんなに沢山喋れるんだ。
この人って、バカなんだな。
数年に1度 このような機会が訪れる。
お財布も痛いが、
私の耳と心も痛くなる。
さて、今夜はカレー。
また 
主人の 好みにあわせ
お砂糖
いれた。
入れすぎたか?
ちょっと 甘いかも。
大丈夫かなぁ?

大泉洋 ビミョーに非日常系学園ストーリー!

何やら見つけてしまったたかおさんですが・・・

来る洋ちゃんのバラエティ攻撃に備え、エッチデーデーを編集しまくっていたら、「あれ?こんなCMあった?」とな。
大阪ガスですけども。
いつの間にか、CMの種類増えていたのですね。
大阪ガス CMギャラリー
2種類だけだと思っていましたよ。
因みに、洋ちゃんのバラエティ出演情報はこちら。
まだ増えそうな気配です。
関西は放送日が違ったりしますけども。
大泉洋
閉じる

楽天ウェブサービスセンター


大泉洋 関連ツイート

大泉洋は雨男?共演者や監督指摘
RT @doshinweb: あす12月1日公開の映画「探偵はBARにいる3」。出演の大泉洋さん、松田龍平さんにインタビューしました。 https://t.co/8hu6BWf4Gz
RT @fashionpressnet: [明日公開] 映画『探偵はBARにいる3』大泉洋&松田龍平による探偵シリーズ、リリー・フランキーと前田敦子が出演 – https://t.co/Sme0jkwSMA https://t.co/3LwcYx8Mhj
RT @ame__talk: 今夜のアメトーーク!は『岡山盛り上げよう芸人』▽行きたい都道府県41位…みなさんどれだけ知ってますか?▽千鳥&ブルゾンちえみ&次長課長▽北海道民・大泉洋に岡山弁講座?▽クセがスゴイ遊園地&マスコット&ヤンキーたち https://t.co/qvkp…

-大泉洋

Copyright© 芸能人のダイエット大全集 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.